いぼ

主な種類

  • 脂漏性角化症(しろうせいかくかしょう)
    老人性のイボで、加齢とともに顔や体にできる良性の腫瘤です。ざらざらしていて、薄い褐色か黒色をしており、扁平な形、もしくはドーム状に盛り上がっているのが特徴で、一般的に中年以降に出現します。数ミリ程度のものから、加齢とともに大きくなったり増加したりするものもあります。
  • スキンタグ
    皮膚からぶら下がっている小腫瘤(しょうしゅりゅう)の総称で、スキンタグともいわれます。
    首やワキにできるものは大部分が小さい軟性繊維腫で良性のものです。一般的には皮膚の老化現象といわれています。
    汗、襟・ワキ等の擦れなど、化学的・物理的な刺激を受けやすいところにできることが多いです。若い人でも少なくありません。
  • 尋常性疣贅(じんじょうせいゆうぜい)
    ウイルスによるもので、手足の指やひじ、ひざ、足の裏などにできます。最初は小さな丘疹程度ですが、やがて大きくなってイボ状になります。多くは多発性で硬く、部位によっては圧痛を伴い、全身どこにでも発生します。特に手の甲、足の甲、指など、外的刺激を受けやすい部位に好発します。(例えば、ヒゲ剃りあとや、指のささくれ、手足の荒れや、水虫や靴擦れなどで起こる皮むけのあとなど。

        

    青年性扁平疣贅(せいねんせいへんぺいゆうぜい)
    若い女性に多く、家族内発症の場合もあります。半米粒大から小豆大までの扁平か、軽度に隆起した角化の少ない皮疹で、正常は皮フ色をしていますが、色素沈着することもあります。ウィルス性で多発し、無数にみられることが多く、顔面や手の甲に好発します。
  • 汗管腫(かんかんしゅ)
    小さなブツブツが目の周囲などにできる点状の小さな盛り上がり。

主な治療

詳細は各項目をクリックしてください。

上へ戻る