サーマクールCPT

20180101,20180108,20180211,20180212,20180321,20180429,20180430,20180503,20180504,20180505,20180716,20180811,20180917,20180923,20180924,20181008,20181103,20181123,20181223,20181224,20190101,20190114,20190211,20190321,20190429,20190430,20190501,20190502,20190503,20190504,20190505,20190506,20190715,20190811,20190812,20190916,20190923,20191014,20191022,20191103,20191104,20191123,20200101,20200113,20200211,20200223,20200224,20200320,20200429,20200503,20200504,20200505,20200506,20200723,20200724,20200810,20200921,20200922,20201103,20201123
  • 桜木町みなとみらい美容皮膚科たるみサーマークールCPT
  • しわやたるみといえば従来は手術が主流でした。2003年にアメリカで発表されたサーマクールは「切らない」治療法として十数年の歴史があります。サーマクールの高周波(RF派)は皮膚の真皮・脂肪層まで到達します。古いコラーゲンを熱変性させることでコラーゲンの再生が始まり肌を引き締めていきます。3~4ヵ月間改善が続きますので、年に1~3回の治療が理想的です。
  • アメリカFDA認可の医療機器です。お顔を引き締めたいけれど、手術までは・・・という方にお勧めです。
  • 有効な症状・治療例

  • たるみ(輪郭・口元・目元をスッキリ
  • しわ
  • 肌質改善
  • サーマクールの2大効果

    1.引き締め効果

     RF(高周波)を照射すると体内で熱が生じ、真皮層内のコラーゲンが収縮する事ですぐに引き締め効果があらわれます。
    さらに時間をかけて新しいコラーゲンが生成され、若々しい印象の肌へと変化していきます。

    サーマクールの引き締め作用は縦方向・横方向・奥行きの3次元的におこります。
                      ↓
     《ボリュームダウンがおこり、たるみの改善や小顔効果が期待できます》

    2.美肌効果

    RF(高周波)の熱によって、大量のコラーゲンが生成され、肌が活性化されます。
    そのため、毛穴が目立ちにくくなるなど、滑らな肌に変わっていきます。

    RF(高周波)とは・・・

    RF(高周波)はレーザーや赤外線では届かない肌の深部までエネルギーを届けることができます。医療の分野では広く利用されており、その安全性は確立されています。

    コラーゲンとは・・・

    肌(真皮層)の70パーセント以上を構成する繊維状のたんぱく質で、皮膚を支えながら水分を抱え込み、ハリや弾力を保つ働きがあります。加齢や紫外線などによって減少すると、たるみやシワの原因になります。

    たるみの原因・・・

    加齢や紫外線によって、皮膚を支える支持組織がゆるんできたり、真皮内のコラーゲンが減少したりすると、皮膚のハリがなくなり、たるみが生じてきます。

    切らないたるみ治療

    手術と違い、傷やかさぶたをつくりません。サーマクールは自分のコラーゲンを増やす治療のため、穏やかで自然な引き締め効果を実感します。

サーマクールCPTの特徴

痛くない

照射時に振動を与えることで、痛みを感じにくくなります。
※痛みの感じ方には個人差があります。

今までのサーマクールに比べて痛みが少ないので、痛みが苦手な方でも気軽に受けられます。

引き締め効果UP

チップの改良により、加熱効率が向上し、引き締め効果がさらにUPしました。

Q&A

  • Q 痛みはありますか?
  • サーマクールCPTは痛みを軽減する装置を内蔵しています。従来型と比べ、より快適に(痛みが少ない)・そして短時間で治療をお受けいただけます。
  • Q 治療回数は1回でいいの?
  • 治療回数は個人差がありますが、通常年1~3回といわれています。
  • Q 効果はどのくらい続きますか?
  • サーマクールCPTの照射後、約6ヶ月にわたって効果が持続します。
  • Q 日常のケアで気をつけた方がいいことはありますか?
  • 紫外線は肌の大敵です。紫外線が肌のコラーゲンを破壊し、しみ・しわ・たるみの原因を作るとされているので、サンスクリーン剤で紫外線対策は行った方が良いでしょう。

上へ戻る