炭酸ガス(CO2)レーザー

  • 桜木町美容皮膚科いぼ盛り上がり治療
  • 瞬間的に治療部位を蒸散させ、ほとんど出血をさせずにほくろなどを切除できるレーザーです。波長は10600nmで、大部分が組織内の水分に吸収されて一瞬にして熱エネルギーに転換し、組織を加熱、凝固、炭化、気化、蒸散させます。レーザー治療後1~3週間程度は皮膚のダメージを防ぐために絆創膏を貼っていただきます。綺麗な皮膚が再生するためです。

有効な症状・治療例

  • CO2レーザーでは、他にも粉瘤(ドーム状に盛り上がった症状)などの治療が可能です。

Q&A

  • Q 痛みはありますか?
  • 通常はごく少量の麻酔を使いますので、痛みを感じることはなく治療をお受けいただけます。
  • Q 治療後の注意は?
  • 治療部には1~3週間くらい絆創膏を貼っていただきます。水に濡らしたり、汚したりしないようお気をつけてください。治療部には数週間お化粧をしないでください。
    治療後のチェックはとても大事です。診察にお越しください。

レーザー治療を受ける前に

  • 皮膚の色素病変などは、見た目が似ていても同じ症状であるとは限りません。どんな処置を行うのかは医師による診察が必要です。
  • レーザー治療後の注意

    • レーザー治療後は一時的に傷のような状態になります。
    • レーザー治療後は1週間から3週間程度は絆創膏を貼っていただきます。
    • 治療後、約2週間治療部分は水に濡れないようご注意ください。
    • 治療部分はしばらくお化粧をご遠慮いただきますようお願い致します。
    • レーザー治療のあとは、紫外線に対しては、十分な注意が必要です。外出の際等には日焼け止めクリームなどを塗って、紫外線が当たらないようにしてください。
    • 注意事項は診察時に詳しくご説明致しますので心配な事は先生に直接お尋ねください。
    • CO2レーザーは治療後のチェックがとても大切な治療です。治療後の診察(先生から再診のお話があります)はお越しいただきますようお願いいたします。
  • 上へ戻る